FC2ブログ

話し言葉と書き言葉

ツイッターなんかを見ていると、文章だけなのに目の前にいるような気分にしてくれる人が時たまいる。
絵文字もなんにもないのに、だ。ただ文章だけで。
素晴らしいのが彼らが、だということ。どんなに短い文章でもどんなに長い文章でもその場に書いた人がいる感覚に陥るほどその人達は文章がうまい。
憧れ。俺の憧れ。俺にはそれが出来ない。
んで講義の先生が昔言ってたことがあるんで書いてみようかと。

一年ぐらい前にゼミを習っていた先生が言ってたことなんですが、書き言葉と話し言葉はとんでもなく違うものである。という話を聞かせていただいたことがある。
会議などでよく使われる「資料」ていうのは、とてつもないほどの書き言葉で構成されている訳です。
ぶっちゃけ難しい。
分かりづらい専門用語で書かれており、普段使っているような言葉ではかかれないことが多い。
まーそれはいいんだわ正直。文字制限やら頭よく見せたいやらいろんな理由があるだろうけどまあ置いとこう。
問題はそれをそのまま声に出してしまう読んでいく、ということ。
んなもの会話として成立しねぇから!!
声と文章は絶対に相容れないものであり!これらをそれぞれに変換するにはものすごい労力を使う!!
んなものをただただ言葉にしたり文章にしたりすんな!!
ものすごく間抜けに見えるんだわ。
説明いくらされてもなんだか頭に吸収できないし。
個人的に一番嫌なのが、飽きてくる事。
だって資料とそっくりそのまま同じ!資料読むだけで事足りてしまう!!
なら最初に一言資料読んでくださーいそれで終了なんでーて言われたほうがマシ!!!
話し言葉と書き言葉を一緒くたにするとえらい目に会う!!
違うものだというのを頭の中に入れとけば、劇的に面白くなるはず。

自分も話し言葉と書き言葉の位置づけの確認とそれらをどうにかして磨こうと必死な人のひとりです。
これが難しくてね。一年ぐらい前からずっと考えては行動してるのに腕が磨かれた感じがせん。
まだまだ勉強ということなんでしょう、ええ。そう思って今日も俺は文章を書くわけだ。
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する