スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金ってかなりの重量感らしいね

110622_1452~02
 
 スタークラフト2でとうとうゴールドに昇格しましたああああああ!!!!ひゃっっっっっっっはあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!

 思い返せばシルバーリーグで一位と二位を軽く10回は往復する作業をしてようやく!!!ようやく次の高みに来ることが出来ました!!!!
もう7回目の往復の頃からああ、おれはもうシルバーから抜け出せないんだなぁ(レイプ目)だったので昇格できたときはガッツポーズを高々としました。嬉しい!!

 昇格が凄い遅れた理由はもう簡単に判明してます。理由は簡単なこと2つ。
1、操作量の絶対的少なさ。 もう酷い。
マウスとキーボードを使うゲームなのですが、いままでRTSはやったことがなく、ノウハウは0からのスタート。
ブロンズ時代から若干成長したとはいえ、未だに操作に慣れてないところがあり四苦八苦しております。

2、相手に対する駆け引きの欠如。これはもっと酷い
操作量が少ないというのも関係はしてくるのですがそれにおいても酷い部分。
このゲームはユニットによって得意なユニット、苦手なユニットがかなりはっきりしているんです。苦手なユニットを倒すのには軍量が倍必要なくらい。
ジャンケンのような三すくみの関係が成り立ってるので、本来ならそれの読み合いから始まり相手に対する牽制とフェイントなんかをしていくのですが・・・全く出来てませんっ。

 例えば相手に対してジャンケンのグー的なユニットを前線でちょい見せしたとします。
そうなると相手はあ、あいつはこれで来たのか。じゃあ俺はこれで、と思い立ってパー的なユニットの生産に入らせて、グー的なユニットの生産なんかほとんどしてなくてチョキ的なユニットで相手に攻めこむ!
 といった兵法の初歩の初歩みたいな感じですが、これがスタクラでは絶対に必要です。上でも書いたとおり苦手なユニットに対してはほんとうに弱い。よしんば勝ったとしても損害が大きい。
 なので相手のユニット生産を予想or偵察して確認した上でのユニット生産。そして相手のうごきを封じ込めるちょい見せ。

 操作量も少なく、相手の動きを見る余裕もない自分はユニット生産を最初から決めてかかる決め打ちに逃げるしか手がありませんでした。相手が何をしてこようが構わない。有効と思えるユニットを生産して群貯めて攻めこむ。
 子供かと。一つのことに向かって愚直に進む子供かと。声を大にして言おう、子供です!

 いいもんいいもん。ゴールドでさんざん揉まれておとなの階段登るもん!
スポンサーサイト

クダギツネがかわいい漫画。

 最近一目惚れした漫画 ほんとにあった霊媒先生
という漫画です。
ライバルで掲載している作品なんですが、一番の魅力は表紙。
木林先生がエロイ!!(カラーの場合に限る)

作者の松本ひで吉先生のカラーの使い方が素晴らしい。特にローアングル!!三白眼の先生が途端に大変身!!
本屋のライバル一目見て購入を決めました。

中身も当然素晴らしいです。エロさだげが取り柄ではありませんよ。
4コマ漫画で除霊や降霊が出来るとんでも先生が生徒と繰り広げるギャグ漫画なんです。
妖怪やお化けのイメージがこれを読むととても柔らかくなります。

木林先生が使うクダギツネの可愛らしいこと。テストの採点やらされたり高い場所のものを取るために投げられそうになっても健気なクダさんがキュート。
4コマなのにページの使い方が上手くて読みやすさと満足感がかなりいい感じに来ます。普通4コマってのは読み流す感じに読むんですがじっくりと腰をすえて読めるのに、とても面白い。

あと素晴らしい点がひとつ。作者さんは女性なんです、しかも美人!
名前が男の人っぽいのに女性な上に美人!・・・・ゴクリ。

現在8巻まで書店で販売中。講談社の漫画賞も受賞したようでますますのご活躍を願っております。
ユルアミという番組でアニメも放映中。

霊現象などが起こらないのを切に願っております。

ワンパ

 最近やってるゲームがもっぱらスタクラ2かガンネクか第二次Zかニコ動してて読み込み遅くて暇なときにやるソリティアな人です。もうずっとこれだけ。他にやるゲームあるはずなのに結局はこれらに戻ってしまう。

第二次Zは3週目の48話終了まで。いいですねースパロボは。ストーリーぜんぜん終わってなくてやきもきしますが。
3週目ともなると大分無双出来る状態でして、主人公のクロウさんにいたっては最初からPPが凄くてボス級であろうが再攻撃のおかげで一度の戦闘で落とせます。借金まみれのクロウさんは一体いつ救われるのやら。そこを再世編に託してみようとも思います。

今回のスパロボのストーリーの評価は、敵側の方はかなりいい感じなのですが味方側がそれほどはっちゃけておらず今ひとつな感じです。
違う作品のボスを主人公機が倒すこともなければ、ウイング勢ガンダム5機の超大型合体技もなく、00組5機の合体技もない。
リアル等身ムービーには鳥肌立ちまくりでしたが、お祭り的なゲームなんですからもう少しはっちゃけて欲しかったというユーザー心もあります。

 あとはゼウス組の影の薄さでしょうか。
ゼウスたちの敵が全くいない今作では、はっきりいいます。空気。
 今作きっての特攻隊長カレン、キリコ両名の前には前作特攻隊長のジロンとゲイナーは一歩及ばず。
エースユニットのゴッドマーズにエースボーナスが輝きまくるトライダーG7の前ではゴッドシグマ、ザンボット3は全く出番なし。
U・Cガンダム∀ガンダムSEEDガンダムも参戦時期が遅くてPPを稼げずに序盤から居るウイングと00組に敗退。
唯一出番があるのはネゴシエイター持ちのビッグオーとエースボーナスがいいダイターン3くらい。あとは作品を超えた合体技があるザンボット3がノミネートでしょうか。おれはあまり使いませんでしたが。
彼らの敵も居ないものだから原作再現も出来ないこの状況。再世編でのストーリーに期待です。

 発売からかなり時間も経ったので平気だと思って書きました。
次回作はいつかいつかと思ってたら第二次OGが発売決定となって俺の財布がヤバい状況です。

スパロボの輝かしい未来を信じて眠りにつきます。

鏡って恐ろしい。

 StarCraft2を初めて半年ちょっと。まあそれなりにニコ動でうまい人の動画見たりで今現在のランクは下から二番目のシルバーの4位。
最初と比べるとまあちょっとは成長も見られます。
最初の方はビルドオーダー(定石)もままならなくてワーカーと戦力の差がちぐはぐで負けたりもしました。
プロトスのDTの恐ろしさを知らずに入り口封鎖してなくて泣きを見ました。
ザーグのベネリングを甘く見てて前線の部隊が溶けたりもしました。

やばい今泣きそう。

今は大分対処方法とBOも分かってきて、最初の方で荒らされたりすることもなくなりました。
プロトスのときはマローダーをしっかり作って坂上封鎖。
ザーグではバンカー封鎖でバンシーで本拠地をあらす。
これで立ち上がりを攻められてもなんとか対処出来ます。

なのに、なぜか同じテランでの勝率だけが芳しくない。
あ、相手3バラックスだ。じゃあタンク作って研究いれてっと。おやマローダーが多、チュドーン!からのサレンダー。
・・・
気をとりなおして
あ、相手1:1:1だ。じゃあこっちは3バラックスで序盤プッシュ行くかなー。うそもうバンシー出来てる!チュドーン!からのサr
・・・戦場で一番恐ろしいのは味方と言いますが、StarCraft2では同種族。同じ種族がまさかここまで強いとは。
いやはや。
ハプニングが起こると途端に頭真っ白になるのでそこを突かれてしまいます。もう急所にクリーンヒッティング。

精神的に強くなってどんな状況にも対処できるようにしていきたいと思います。
ニコ動で研究開始!そのあと浴びるほどスタクラ漬け!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。