スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の雨の冷たさに涙が出る…

…(小説のネタは出来たが…セイバーの能力の確認が先決だな)
カチッ、カチ(…ああ、やっぱり強いな、アーサー王は)
…あれ?なのは不利じゃね!?

メッキリ寒くなって外に出たくなくなってきました。
ニートの方々がうらやましい。
外出たくない!!
ちょっほんと勘弁!!
なんで雨降った時に大学ギリギリの時間での出向なんだよ!!?
マジで涙が出るくらい冷たかったわ!!
まあ雪があまり降らなくなったんでまだマシですがね。
さてこの頃眠る時間が異常なまでにおかしい。
三時過ぎになることは必須です。
ああ、こうしてダメ人間になっていくんだなぁ(しみじみ)
睡眠薬には頼りたくないしなぁ。
ホットミルクがいいらしいが沸かすのがなぁ…
ああ、こうしてダメ(ry
ま、小説書くかな!
スポンサーサイト

あれがこうでとなるとこれがこうなるから…ムキー!

面白いことを考えている男がここに一人。
曰く、フェイト/ステイナイトの主人公…もといメインヒロインのセイバーことアーサー王と魔法少女リリカルなのはの主人公高町なのは(A‘s)を戦わせたらどちらが勝つのか?
結論から言えばどちらも原作どおりなら高町なのはの圧勝だ。
空が飛べる、魔力も子供とは思えない絶対量を誇っている高町なのはなら負けるはずがない。
たいしてセイバーと言えば空を飛べず、魔力が枯渇状態とハンデがありすぎる。
だがセイバーにもまだ勝機はある。
アヴァロンを所持し、どうにかして飛べる方法を見出せば互角以上の戦いが繰り広げられると確信している。
ちなみにストライカーズVerのなのはだとさすがに力差がありすぎるかなと思ったのでボッシュートを俺脳内で食らいました☆
…これはちょっと小説にしてみたい!!
戦いに至るまでの筋書きがとんでもなくメンドイがセイバーは相手をサーヴァントと認識し、なのはは話し合いにしようとしながら結局戦うんで(笑)まあ何とかなるだろう。
さ、早速資料を読むかな。
技名とかすっかり忘れたぜーーーーーー!

童心?なにそれぇ~?

いやぁ~~~…!!雪が降ってるーーーーーーー!!!!!
カーテン開けてびっくり。
一面の銀世界でした!
死ぬ!普通に身動きできなくなって死ぬ!!
しかも二十センチを超えるほどの積雪量!!
初雪でこれはないだろう!!!
原付はもう駄目だなこりゃ。
結構ガソリンあるから雪のない日を狙って減らしていかなくては…
冬は好きな方ですが雪が降ると移動距離が極端に減ってマジに嫌だ!
車はあるが自分が免許を取ったのは今年の夏。
つまり雪道は初体験。
…鉄の棺桶の出来あがり!

夕日が見たくなる歌。

福原美穂さんの優しい赤がいい歌すぎます。
auのCMのあの曲です。
これはマジで泣けてくる…
戦場のヴァルキュリアがアニメ化らしいです、奥さん!!!!!!!
公式サイトのなんで確かな情報だし、春あたりにやるみたい!
見るしかねぇぇぇぇぇぇえええええええええええ!!!!!!!!!!!
いやっほおおおおおおおおおおう!!!!
あと今日発売の遊戯王新パッククリムゾンクライシスのパックを買ったら普通のレアリティのカードがノーレア(30パックに一枚ぐらいの確率で入ってるノーマルカード)の位置に逆さでカードが入っていてマジびっくり!
どうしてもこれだけは言いたかった!

リンゴに蜜が詰まってると幸せだよね。

リンパリンパーっ!リンパ腺が切れたーあー♪
正確には腫れました。
唾を飲み込むたびにいやな痛みが来ます。
おたふくかぜ以来のこの痛みをどうしたら取り除けるのか本当に悩んでます。

友達から林檎をもらいました。
雹害がやっぱり酷いらしく安値になってしまうと嘆いてました。
あの時唇に食らった雹はリンゴも傷つけてたのか…(過去日記参照)
林檎を食うと犬歯(尖っている歯)が痛くなるのは私だけ?

新パック販売まであと少し!!
BFシリーズがそろったら本格的にシンクロを組んでみようと思います。
待ってろよシンクロモンスター!!

ネタがないので近況を三つまとめてみました。
いやぁ、引き出しのなさに戦慄しかけるわ、こりゃ。

…凍ってる。(車のフロントガラスが)

寒いです。
原付で走りづらい季節で本当に嫌になります。
まあ車があるからまだ楽ですがね。
さてとこの前の月曜日にカラオケに行ってきました。
体の機能を最大限使っての徹夜カラオケ。
本当に死ぬ…。
だが…地獄はここからだった…!
前日の夜。
友達からのメール「ビデオカメラ買っちた!」
…あ、やばい。
フラグが…フラグが立っちゃった!
予想通り、「デュエル動画撮ろうぜ!」
当り前のように言ったね。
「いいよ」
そして名前ももう決まっていた。
ここには出せません、仮なので。
ここまででおわかりだろうが、カラオケが終わり、声がだいぶ出せなく、頭もいい感じで回ってるところで…
「さ、やるか!?」
朝っぱらからのデュエル。
はっきりいってグダグダでした。
細かいところを決めていませんでしたし、かなり疲れがたまってて本当に凄かった。
コメントとかは一応見せてもらえるから安心ですが本当にあのテンションではもうやりたくない…!

感情に…支配される!

自分は絵が描けません。
最初に言っときましょう。
だからなのか自分は漫画家はもとい絵を描ける人を羨ましいと常々思ってます。
そんな自分ですが絵を描ける人を妬ましく思ったことはこれまで一度もありません。
同じようですが、純粋な気持ちで絵を見るのと私心で見るのとでは大きな違いでしょう。(そうあってほしい)
絵が描けないひがみというならおっしゃるとおり。
絵が少しでおかけていたら描いている人を下に見るという恐ろしい真似も出来たでしょう。
描こうとする努力もせず惰性的に生きているならまあこんな感じになるでしょう。
それでも自分は絵描きを尊敬しており期待のまなざしで見つめていました。
それなのに…
それなのに!
今日初めて。
なぜだろう、今日初めて…!(午前五時半ごろ)
今までずっと見続けてきた人なのに初めて!!(大事なことなので三回言いました)
その人の絵を妬ましく思ってしまったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ…!!!!
その理由は単純だ…
その人は総合的に上手いからだ!!!!!
単純な巧さ、線のタッチ、ギャグ、すべてがすべからくうまい!!!
可愛くてきれいな女性があの人の腕で生まれている…
そう思ったら歯を噛みしめていた…!!
アンソロジーに載っているその人の絵が素晴らしかった。
こう思ったのはたぶんだが人生で初。
長期連載をしているひとの漫画を見ても自分は汚れ無き子供のような目で楽しんでいた。
それが一瞬で黒くなってしまった。
自己嫌悪だ…
なんだか知らないが悲しい…
はぁ…大人になるってこういうことなんだね、ベンジャミン。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。